Photo提供
ラ・ヴィータ 

カメラマン 高橋 フミカ

https://www.artlavita.com/
lavitatakahashi@yahoo.co.jp  

    微生物で福島の海を救うプロジェクト
 ここは湘南の海 穏やかに暮れ行く一時、少年の指さす先には
       放射能で苦悩する福島の海がある。

   

目  次
●トップページ

新着情報
福島第一原発処理水*微生物の力で海洋放出は不要になります
中国

環境・循環農業事業
・導入実績

●装置導入先情報
●農業資源循環システム
●総合技術情報
●中国環境事業/国内技術情報
E-Mail:info@agres.co.jp


                          Agricultural Recycling System・技術情報(㈱あぐりす実績含む)                    
    一般財団法人INBOUND JAPAN

 

   
 福島第一原発の多核種除去設備処理水*を微生物の力で海洋へ放出しないですむ技術を開発しました。
 福島の海、湘南の海、世界の海は一体です。


福島第一原発 多核種除去設備処理水*を海洋放出しない技術
(微生物による処理水*循環消滅固体化技術)
技術の特徴は、微生物が増殖する時、水分が必要です。福島原発の処理水*を
微生物の増殖用の水分として利用します。そうすれば海へ流す必要は有りません
その処理技術が成功しました

組織名・技術者 住   所 備 考
一般財団法人 INBOUND JAPAN
 理事長 加藤 二裕
事務局 〒270-0034
千葉県松戸市新松戸2-36-1 
TEL 047-369-7154 FAX 047-349-6112


IBJ微生物応用研究所
森田牧場
主幹 宮崎利久
 〒190-1231 
 東京都西多摩郡瑞穂町長岡長谷部279-1
微生物による発酵分解技術指導
●多核種除去設備処理水*海洋放出
  代替技術の研究
●特殊微生物開発
●微生物管理指導
●微生物事業化システムの指導
微生物で
福島の海を救うプロジェクト
一般財団法人INBOUND JAPAN 事務局内 2021年2月22日発足
どうやったら海洋放出しなくてよいの?
それは液体の処理水*を微生物の力で固体化すれば海洋放出は不要になります


       微生物の力でトリチウム想定水を無くし固体化した試験内容   2021年2月現在  
●東京電力福島第一原発の多核種除去設備処理水*を微生物で処理し、液体を固体にすることで海洋放出する必要がなくなる模擬試験です。
                                
※今後の課題 トリチウム想定水での試験は完了しましたが、本物の多核種除去設備処理水*を用いて当技術、システムでの試験を行い本当に海洋放出が不要である事を証明する必要があります。また処理後、菌群にトリチウムがどの程度存在するか確認する必要もあります。
#やってみたいですね(研究者のひとり言)
微生物オタクのひとり言


福島の放射能汚染水問題に取り組んだいきさつを呟いてみます。

私は、微生物と日々協働している微生物 獏(baku)さんです。そのひとり言コーナーです。
研究と書こうと思ったけど日々の自分の働き方は”微生物と協力し合って働かさせていただいている”なので)

微生物と協働している場所は、IBJ微生物応用研究所・森田牧場です。
森田牧場は東京都瑞穂町にあり乳牛を20頭ほど飼っている小さな牧場です。
私の担当はその牛さんたちの糞尿をいただき微生物さんたちと協働して堆肥や微生物製剤(有用菌)を作ってます。

昨日(2021年2月16日)東電廃炉推進カンパニーの幹部の人たちとリモート会議をしました。
結論はですね、
#処理水*が無くなることはわかったけど、中にあったトリチウムの放射能はどうなってるの?
#世界中でトリチウムを「どうした」「こうした」という微生物なんて聞いたことないよね!
でした。
そりゃごもっともです。獏(baku)さんとしてもトリチウムなんて全然知らないものですからね!
でも、放射能に強い菌さんはいますから、大学の放射能に詳しい研究所に相談して見ます。
そして、東電廃炉推進カンパニーの技術者の皆様に納得いただく技術にします。
ガンバルから、菌さん達協力お願いします・・・・
(2021.02.17)

福島の海をぜったい守りたい

微生物 獏(baku)さんは、三重の白子町の鼓ヶ浦という海辺育ちです。
子供のころは5月頃から泳いでましたね。
夏には、名古屋、大阪あたりから海水浴客が山のように遊びに来て(海に山のような人てどんな感じと思いますか)。
ともかくすごい人出で地元の子供は泳ぐどころでなくて、セッセ、セッセとアルバイトで稼いでました。
微生物 獏(baku)さんは、浮袋店のアルバイトでした。そりゃもう真っ黒な黒子で、後の農業学校ではみんなから白子の黒子と呼ばれてたよ!

澄んだ海、海岸に中学生のころから真っ黒な石油の塊が漂い始め、そのうち悪臭が出始め、漁網に付着、魚も油臭くなり始めたんだね。
微生物 獏(baku)さんの家は魚屋さんでした。
父は白子漁港の市場に仕入れに行っていて、よく親父のお尻にくっついて行って漁港で遊んでましたね。
親父たち魚屋と漁師さんたちが「四日市の石油コンビナートには困ったものだと」話しているのを覚えています。

その後、石油コンビナートの排煙、廃油での空気、海の環境汚染問題が勃発し、大騒ぎになったんですね。
国策で奨励された重工業推進、地元は経済的に潤い(一部の人ですがね)子供心に四日市の石油コンビナートは自慢に思ってましたね。
なにか福島の原子力発電、放射能被害と似てませんか。

東北大震災での東電第一原子炉の事故による放射能漏れは、四日市石油コンビナート以上のダメージを福島県周辺の環境に与えてしまいましたね。
処理水* 東電さんは多核種除去設備処理水*と呼んでおり、なにか処理されたきれいな水のようですが、トリチウムという電子(放射線)を出す核物質は残ってます。

これを海に流すというのはいかがなものか!
いや絶対だめですよね。
で、微生物さんたちに聞いてみました。どう、何とかならないかなって。
そしたら、日産栃木工場で塗料カスを分解している菌さん(NISStochi菌)、いわき工場でスカムを分解している菌さん(NISSiwaki菌)、森田牧場で牛糞を分解している菌さん(Morita菌)たちが言いました。
※なんか菌と話したなんて、ちょっといやらしい言い方だけど。そんな感じね。
あのやり方でやればて言ってくれました。
その話はまた書き込みますね。
(2021.2.11)

さてさて、菌さん達が何ていったかです。
今、森田牧場にたむろしている菌さん達がこう言いました。
先輩にあたる鳥羽クリーンセンターのToba菌でやったようにやったらってね。

それは、2013年放射能の除去装置に東芝さんのALPSが導入され始めたころですね。
なかなか安定した除去ができなくて、東電さんも大変なご苦労をなさっていた時期です#今も大変ですが#
Toba菌での試験の時、仲間を増やすのに汚染水でもいいかなって聞いたら、OKだよって言いてくれましたね。
結果は、今回と同じで汚染水想定水が無くなってサラサラの個体物になったのです。

早速、環境省へ説明に行ったら「この個体物に恐ろしいストロンチウムやセシウムが残っててダメ、ダメ」でした。
しかも、あなた(微生物獏さん)は素人でショ。放射の物質を扱えるなんて「とんでもハップン」でした。
注釈・とんでもハップンは昭和25年ごろの流行言葉。「トンデモナイ」と英語の「ネバ―ハップン」の合体したことばです。私がその時代の人間ですから。
あっ、下から奥さんが「御飯ですよって」じゃまた。
(2021.2.13)

      工業廃液(塗料廃液、シンナー廃液、切削廃液)の微生物分解処理技術

          2002年・・・塗料粕の微生物分解技術完成(特許取得)
        ●
2012年・・・塗料廃液の分解菌技術の実用化確立
             

          ◎導入実績 
      ●2005年・・ホンダ技研工業鈴鹿製作所 塗料カス肥料化事業導入
     ●2007年・・丸八塗装(ヤマハ協力企業)塗料カス固形燃料化事業導入
     ●2015年・・日産自動車栃木工場塗料カス微生物製剤化事業導入
     ●2019年・・日産自動車いわき工場 工場スカム微生物製剤化事業導入



中国事業
江蘇省無錫市藍藻微生物有機肥料化事業 
2010年度実施事業

事業主体 無錫天仁生物科技有限公司(江蘇省無錫市)
原  料 太湖の藍藻及び鶏糞
年間肥料製造量 3万屯/年
事業背景 無錫市水利局管轄事業(補助対象事業)

藍藻処理及び肥料化プロセス

● 太湖からの藍藻の回収と肥料工場への搬入
   



● AGRESシステムで発酵能力の高い基菌を製造し、藍藻の処理に適した発酵促進基材を製造し藍藻を処理する。
    



● 高速混合処理機
  


● 年間3万トンの有機発酵肥料を製造するための2次発酵棟



● 熟成発酵のための移動式撹拌機
  


● 藍藻微生物有機肥料としてペレット化した製品

  


☆無錫天仁有機肥料工場 ☆発酵処理コントロールルーム
 


Ⅱ.上海市金山区水葫芦、浮萍微生物有機肥料化事業

事業主体 上海阿古利斯生物科技有限公司
原料 水葫芦・浮萍・鶏糞
年間肥料製造量 3,000屯/年
事業背景 上海市金山区水利管理所合作事業

水葫芦処理及び施用効果

● 河川より水葫芦を専用船で回収





● AGRESシステムで微生物有機肥料を製造




● メロン、葡萄栽培で生産量の増大、糖度の向上が確認された。(上海市金山区朱泾镇永丰农场)

   




Ⅲ.福建省福清市豚糞微生物有機肥料化事業

事業主体 福清市嘉葉現代農業開発公司
原料 豚糞
年間肥料製造量 調整中
事業背景 浦安電設(株)合弁事業





E-Meilでお問い合わせ、ご質問ください info@agres.co.jp